樅の木のお櫃

22448675_420713125040692_7778092485970193816_n.jpg22450004_420714915040513_5765395120177300783_n.jpg


お米が立っているのが分かりますか?

モミカフェに参加していただいたお客様はわかっていただけると思います。
私が言ったご飯が冷めた時に美味しくなるのは理由があるのです。お弁当を持って行く人なら、お櫃と同じ効果がある、このモミの木の弁当箱を持って行くことをお勧めしますよ。

今、色々構想を練っていますが、せめて樅の木にご縁のあるお客様には是非お勧めしたい一品です。

お墓参りを忘れてはいませんか

みなさん!お墓参りは済ませましたか? 今自分達があるのは全てご先祖様のおかげです。感謝しましょうね。そして この時期に必ず咲く彼岸花も、お墓参りを忘れてはいませんか?と私達に何かを伝えるためなのかも知れませんね。

22008373_410095376102467_2279076285032707503_n.jpg21766503_410095769435761_4374639545849093188_n.jpg22007460_410096572769014_7167736973062089340_n.jpg21768359_410097579435580_3827939549343251415_n.jpg
昔読んだ本の中に、彼岸花の球根は飢饉のために先人の知恵で 困った時にはこれを食料にして耐え忍ぶようなことが書かれていましたが、詳しいことはわかりませんので見るだけにして下さいね。

 

2017.9.27 樅の木の伝道師

もみの木の丸太の端材

21617947_406371393141532_1423557009404763581_n.jpg21617895_406371463141525_1401048384231613302_n.jpg


もみの木の丸太の端材です。 根玉のところは色が悪く今、前田産業のところではこのようのしてその部分を切ってくれています。もったないけど製品の質が悪くならないようにしています。感謝です。 でも何かにかにならないのかな?思案中ですが何かあったら教えて下さいね。

輪切りはどうしても割れがきます。そして真っ二つに割れるぐらい木の力がありなかなか難しかな。
人も木もそれぞれの個性があり使用する側の寛容も大事かもね。

大谷青嵐先生の書

私の大好きな大谷青嵐先生の書です。好きな言葉を書いていただきました。

なんでも好き嫌いがあるかもしれない。でも私はこの言葉、この字が大好きです。なんでこんなにも人の心に入って来るのだろうか?伝えるという事はこういう事なのかもしれない!

私も頑張る

21432917_400632757048729_563548353243808373_n.jpg

これが自分に与えられた道と思えばやり続けること!


21462235_400632737048731_2820043584148654913_n.jpg

前を見て不満を言わないように!


21462234_400632730382065_6869689486053883000_n.jpg

これからも一期一会を大事にしていきます。だって出逢えるべきして出会った人だから。

23年前の施工写真

20729476_376365349475470_6317755398499496442_n.jpg20767943_376365369475468_4484593536644310530_n.jpg

 

私が請け負った施工写真を整理していたら、懐かしい写真が出て来ました。もう23年の月日が経ったんだと時の流れにビックリしました。図面を話しがあってから一週間で書き上げたことを思い出しました。勿論今でもお付き合いをしていますが本当に素晴らしいご家族ですね。

私はまず全体的にイメージを作るとそこからは本当に早いですね。きっと家造りが好きなんでしょうね。 私もこの家は大好きです。平屋造りでこれ程大きな家は今以てやったことはありません。

樅の木のおひつ

18921710_322472351531437_8957903382093117817_n.jpg


日本ってヤッパリ素晴らしい文化を持っていますね。今、試験的に電気ジャーの保温をやめ、あえて樅の木のお櫃で炊きたてのご飯を食べ終えたら、このお櫃に移しています。

食べた人でないとわからないかもしれませんが、お米が持っている本来の甘さが味わえると思います。冷めても旨み成分が口に入れた瞬間にわかります。お櫃の材料としては、サワラなどが一般的ですが、使用される木に広葉樹のお櫃は聞いた事はありません。ここが大事なのです。

詳しい事はここでは書きませんが、一度皆さんにも食べてもらいたいな!本当に冷めてよし!オニギリにしても良し!お米の素晴らしさを知って頂けるだけでも嬉しい!明日の朝は、お櫃から出してレンジで、チン!これがまた美味い!

先人の知恵に頭が下がる

築100年近くも前に建てられた木造の建物


先日仙台に行った時に前から気になっていた建物があるので
写真を撮ってきました。仙台といえば、6年前に震度7強の宮城沖地震が思い出されます。

築100年近くも前に建てられたこの基礎もない、ただ大谷石の上に土台が乗っている木造の建物が今こうしてズレもなく
残っている現実がここにある。嬉しいことですね。素晴らしい!土台には最高の栗の木が使用され、工法は高床式となています。

柱と柱の間には貫を通しそしてクサビで締めてあります。外部の板には、耐久性がある杉の赤身材が使用されています。全てが適材適所に使用されていて本当に勉強になりますね。現在の技術も素晴らしいのですが、日本には千年以上も前に立てられた木造建築が20棟もあり先人の知恵に頭が下がる思いです。


築100年近くも前に建てられた木造の建物築100年近くも前に建てられた木造の建物築100年近くも前に建てられた木造の建物築100年近くも前に建てられた木造の建物2017.1.17 仙台にて
樅の木の伝道師 

直虎も良いけど竜ヶ岩洞もね

竜ヶ岩洞

先日、岐阜の松波くんが泊まりに来ていたので、久しぶりに浜松市北区引佐町奥山の竜ヶ岩洞に行って来ました。何が素晴らしいと言えば、鍾乳洞もさることながら、やっぱり人に何と言われようと、一つのことを諦めずにやり遂げた男がここ引佐町にいたと言うことです。

私は改めて感銘を受けました。

1日にたった20センチしか掘れない洞窟を、何年もかけて夢を諦めずにやった精神力は一体どこから来たのでしょうか。引佐町もNHKの大河ドラマ井伊直虎で観光客も増えるかと思いますが、忘れないでここ竜ヶ岩洞に足を運んで下さいね。

今の時代に忘れかけている何かがここにあると私は思います。


竜ヶ岩洞竜ヶ岩洞竜ヶ岩洞竜ヶ岩洞竜ヶ岩洞竜ヶ岩洞竜ヶ岩洞

竜ヶ岩洞

2017.1.9 樅の木の伝道師

宝物が増えました

宝物

一通のお手紙。先日、仙台の出張から会社に帰った時のことでした。小包と一通のお手紙が入っていました。人は本当に一期一会だと思う出来事がありましたのでここに投稿させていただきます。ゆいちゃん!本当に良かったね。楽しんで下さいね。

 

宝物

自分が勝手にしたことで、こんなに喜んでいただき嬉しく思いま す。


宝物

 

宝物

ゆいちゃん、本当に良かったね。


宝物

神様が巡り会わせてくれたんだね。両親、そしてご先祖様 に感謝しなくてはいけないね。

 

宝物

洸太君、木の素晴らしさが分かってくれてありがとう!


宝物

本当にいろんな物を送っていただきありがとうございます。

2016.11.17 樅の木の伝道師

秋の風情

15094401_208144209630919_3646751553455413446_n.jpg


事務所の前に干し柿が並ぶこの風情は、秋になったことの証明ですね。

実は自宅近くの渋柿が今年は実りが少なく諦めかけていたのですが、ダメ元でFacebookに「渋柿余っていませんか?」と問いかけたら、なんと!仙台のお客様からダンボール3箱もの渋柿が…!

さっそく2時間かけてひたすら皮を剥き、カビないよう処理し、ヒモで結んで干しました。

樅の木のご縁とFacebookのつなぐ力、送ってくださったS様に感謝!
ありがとうございます。 

2016.11.16 樅の木の伝道師

杉の丸太をくりぬいてはみたものの

14595714_187697165008957_4769291789616300663_n.jpg


誰か、いい提案を下さい。
杉の丸太をくり抜いて、作ってみたものの
しかも、外側は浮造りをして、植物性の着色までして

今は、眺めているだけ

直径が25センチ、35センチ、45センチぐらいかな?
高さが45センチぐらいです。

Facebookでは、傘立てとかスピーカーとか、
観葉植物の鉢カバーとかライトスタンドとか、
みなさん、想像力豊かですね。 


14702269_187697001675640_4653867490039548667_n.jpg14713580_187696911675649_4652469513776732449_n.jpg14724488_187697268342280_1556650559551557361_n.jpg14732208_187696781675662_3018918088905469091_n.jpg

終の住処には、ヤッパリこれ

14731355_194135674365106_4341298136085533842_n.jpg


来月建てるお客様の材料です。
2年もの間、天然乾燥後に耐え、もう一度、製材で挽き直しをして加工場に今日届けます。
この家は、プレカットではできない構造となっているので、いつもの事ですが、職人さんに手刻みで加工して頂きます。
終の住処には、ヤッパリこれでしょう。分かる人には分かるかな?

 

天然乾燥の構造材

天竜杉の芯去りの桁 梁の材料です。来月建てるお客様に自信を持って届けることが出来ます。

 

天然乾燥の構造材

自分で言うのも何ですが、素晴らしい!

 

天然乾燥の構造材

2年もの間、よくぞ頑張ってくれてありがとう

 

天然乾燥の構造材

樹齢100年を超えると、やはり色 艶が全く違う


天然乾燥の構造材

綺麗だ!全ての構造材が化粧となって、この木は第二の人 生を歩くのです。

2016.10.27 樅の木の伝道師

終の住処だからこそ

集成材ではありません。 来月上棟するお客様に使用する柱です。 しかも、2年近く天然乾燥させた秋田杉の芯去り柱です。 私の知人が、秋田県で秋田杉を製材しているので、無理に頼んで 素晴らしい柾目の柱を、仕入れる事が出来ました。感謝 感謝です。

今では使用する人が本当に少なくなりましたね。 でも、今回もお客様から 〔内藤さん、今度建てる家は終の住処にしてくださいね。〕とひと言。土台は能登ヒバ、柱は秋田杉の芯去り材、構造材は天竜杉の芯去り、野物はヒノキの曲がり材を使用 全て天然乾燥材です。

今、こんな材料を使って家を作る人も少なくなって寂しいですね。これからも人がやらない事に、自分なりに挑戦して行きたいと思います。

 

1まず柱を並べて全体的に見る。


2

何処にどの柱を使うのかを知る。


3

木は同じ杢目が無いので優先順位をつける。


4

でも、迷いが生じる。慣れてはいても

 

5

図面と照らし合わせて、頭の中でどうなるのかを知る。

 

6

目合いを頭に叩き込んで、出来上がりをイメージする。


7

後は、図面上に番付けの数字を書き込み終了。

木と鉄とのコラボ

14724391_192963121149028_1211149491922486472_n.jpg


木もいいけど、鉄アイアインもイイね。
地元でオリジナルの物を作ってくれると言うので
これからは、木と鉄とのコラボを
ワガママに、オンリーワンで作って行きたいと思います。
お楽しみに。

14666145_192963407815666_6778381206803345763_n.jpg

14671212_192963667815640_4392963245512416782_n.jpg

14690933_192977597814247_8992370122650130059_n.jpg

モミの木の天板とアイアンの脚、
かっこいいでしょ!

2016.10.25 樅の木の伝道師 

自然の植物には、人を癒してくれるパワーがある

自然の植物には、人を癒してくれるパワー
私の地元 浜松にも久留米木と言う場所に棚田があります。自宅より車で10分も走れば着く場所なのですが、やはり田植え後の棚田は美しい!

自然の植物には、人を癒してくれるパワー自然の植物には、人を癒してくれるパワー自然の植物には、人を癒してくれるパワー自然の植物には、人を癒してくれるパワー
5月末には蛍も飛び交い、人の心を癒してくれるところです。でも棚田の風景を維持していくのは本当に大変なことです。地元の農家の方も高齢者も多くなり、今ではNPO法人やボランティアの方の参加で維持しているのが現状です。

この写真と同じくして自宅の庭先のアジサイや花を撮ってみました。

 

自然の植物には、人を癒してくれるパワー自然の植物には、人を癒してくれるパワー自然の植物には、人を癒してくれるパワー
写真の才能は無いですね。気持ちだけはきれいに撮ろうとしますが、やはりカメラのせいなのでしょうか?(なんてね)

でも自然の植物には、人を癒してくれるパワーがありますね。
もちろん樅の木も…。

2016.7 樅の木の伝道師

お知らせ
20150219.jpg
もみカフェでお待ちしています
momi02.gif