日本ISJ研究所で家づくりを始めます

封印を解く決意

 

報告いたします。
今年度より(株)日本ISJ研究所で家づくりを始めさせていただきます。

私は内藤材木店として祖父の代の約70年前から、そして私の代で35年前より年間数棟ではありますが、家づくりをしてきました。私のお客様は知人や建てていただいたお客様の紹介のみで、リフォームや新築工事を200棟余り施工してきました。

そんな中、10年前より「樅の木の家づくり」を(株)日本ISJ研究所として発信し続けた結果、本当に多くの方から樅の木の問合せがあり、ここ数年間は丁重にお断りをしてきました。その方々に対しては「地区限定ですから…」ということで、正直言えば心苦しく、悩んでもおりました。

でも、本当に樅の木の家を求める方たちに、本物の家をお届けするのが本来の私の役目ですから、地区は限らせていただきますが「樅の木の家」を内藤材木店とともに、少しでも皆さまのお役に立ちたいと思い、強い決心で家づくりのご提案をしていこうと考えています。

私は家づくりが大好きです。日本には日本文化があってこその住宅が良いと考えています。今流行していることに流されず、大量生産型の住宅にはいっさい目を向けず、本質を見て、家づくりの素材は日本の四季にあったものが良いと考え、

「本当の木の家」「生きている家」「呼吸する家」
そんな家になってほしいと常に考えていました。

  • まず本物であること
  • 作り手の想いが入っていること
  • 大手メーカーで扱わないもの
  • 本当の意味で良いもの


他にもありますが、守らなくてはいけないこれらの大切なことは、わがままに意思を通していきます。素材が良いのに人的にミスしたり、素材を殺してしまうのは人間の都合です。人の自然に対する甘い考えなのかもしれません。人は自然と共生しつつ現在まで生き延びてきた生き物です。一歩間違えれば、自然の力を無視しても生きていけると勘違いするかもしれません。怖いことです。本来は自然から学んだほうが良いと思います。

今年はタイミングもよく、新しく扱う「樅の響」もあり、より多くの方に樅の木をお届けすることが出来るように思います。本当の意味で「樅づくしの家」を建てていきたいと思っています。今すでに10棟近く家づくりを依頼されています。嬉しい限りです。

なるべく予算に合うようなかたちで、お客様と向き合い、どこにお金を使うのか、それは必要なのか、欲しいものなのかを共に考え、価値ある家づくりをしていきたいと考えています。樅の木を理解していただける方は、素晴らしい空気環境の家で暮らせることでしょう。

私は自信を持って言えます。

樅の木と共に癒され、ゆらぎの中で生活をしてみませんか?

お知らせ
20150219.jpg
もみカフェでお待ちしています
momi02.gif